寄稿クリッカーで犬のしつけ!
[犬しつけトレーニング]またくぐり

「犬を訓練するなんて、プロの訓練士さんにしかできないでしょ?」と思っていないだろうか。実は私もそう思いこみ、自分の犬に何もしてこなかった口であった。しかし素人の私にもできる方法があったのである。「クリッカー」である。私の驚きと感動の体験記を見てもらいたい。そして「私にもできるかも」と思ってもらえたらうれしい。〔商品レビュー部 加藤〕

Q.あることをすると犬のストレスが減り、しつけにいい影響を及ぼすと言われていることがあります。それは何?

1. 声かけ
2. おやつ
3. マッサージ
4. その他

どんな遊び?

ゆっくり歩く人間の足の間を、犬がくぐりぬけながら進みます。人間の足に沿うように動くので、人間の横、より近い位置を歩く練習にもなります。上手にできるようになったら、より早くくぐるようにして、遊んでもいいですね。

教え方

「またくぐり」ができるようになるためには、3つのステップが必要です。3つのステップとは、左足をくぐる練習、右足をくぐる練習、両足をくぐる練習です。片足ずつくぐる練習をした後に、左右連続してくぐる練習をしましょう。

左足をくぐる練習をしよう!

  1. 犬の右横に立ち、左足を前に出します。右手にご褒美を持ち、左足の下からご褒美を犬に見せたら、ご褒美を動かして左足の下をくぐるように誘導してあげましょう。犬があなたの左足をくぐりぬけたときに、クリッカーを鳴らしてご褒美をあげます。なかなかくぐってくれないときは、犬が頭を左足の下に入れただけで、クリッカーを鳴らしてご褒美をあげましょう。次は、前足が1歩でも動いたとき、その次は2歩、というように徐々にあなたの左足をくぐりぬけることができるようにしていきましょう。
  2. ご褒美を持つふりをして、1と同じことを繰り返しましょう。犬が左足をくぐりぬけたときに、クリッカーを鳴らしてご褒美をあげます。
  3. あなたが左足を出しただけで、犬がくぐりぬけるようになるまで、少しずつ誘導する手の動きを小さくしながら、これを繰り返します。
  4. あなたが足を前に出すことが、「くぐって」という合図になります。足を前に出したら、犬が迷うことなく、くぐるようになるまで、足を出し、犬がくぐったらクリッカーを鳴らしてご褒美、を繰り返しましょう。
  5. 上手にくぐることができるようになったら、クリッカーは鳴らさずに、すぐに続けて、もう一度左足を出してみましょう。そこでくぐることができたらクリッカーを鳴らしてご褒美をあげます。このように、クリッカーを鳴らすまでに左足を'くぐる'回数を、少しずつ増やしていきます。またそのときには、いつクリッカーが鳴るのか犬にはわからないように、その回数をランダムにするといいでしょう。3回連続して左足をくぐってクリッカーが鳴り、ご褒美をもらった後には、左足を1回くぐるたびに連続してクリッカーが鳴り、ご褒美をもらえることがあってもいいでしょう。

右足をくぐる練習をしよう!

  1. 犬の左横に立ち、右足を前に出します。左手にご褒美を持ち、右足の下からご褒美を犬に見せたら、ご褒美を動かして右足の下をくぐるように誘導してあげましょう。犬があなたの右足をくぐりぬけたときに、クリッカーを鳴らしてご褒美をあげます。なかなかくぐってくれないときは、犬が頭を右足の下に入れただけで、クリッカーを鳴らしてご褒美をあげましょう。次は、前足が1歩でも動いたとき、その次は2歩、というように徐々にあなたの右足をくぐりぬけることができるようにしていきましょう。
  2. ご褒美を持つふりをして、1と同じことを繰り返しましょう。犬が右足をくぐりぬけたときに、クリッカーを鳴らしてご褒美をあげます。
  3. あなた右足を出しただけで、犬がくぐりぬけるようになるまで、少しずつ誘導する手の動きを小さくしながら、これを繰り返します。
  4. あなたが足を前に出すことが、「くぐって」という合図になります。足を前に出したら、犬が迷うことなく、くぐるようになるまで、足を出し、犬がくぐったらクリッカーを鳴らしてご褒美、を繰り返しましょう。
  5. 上手にくぐることができるようになったら、クリッカーは鳴らさずに、すぐに続けて、もう一度右足を出してみましょう。そこでくぐることができたらクリッカーを鳴らしてご褒美をあげます。このように、クリッカーを鳴らすまでに右足を'くぐる'回数を、少しずつ増やしていきます。またそのときには、いつクリッカーが鳴るのか犬にはわからないように、その回数をランダムにするといいでしょう。3回連続して右足をくぐってクリッカーが鳴り、ご褒美をもらった後には、右足を1回くぐるたびに連続してクリッカーが鳴り、ご褒美をもらえることがあってもいいでしょう。

連続してくぐる練習をしよう!

  1. 犬が、あなたの左足と右足、それぞれ上手にくぐることができるようになったら、連続してくぐる練習をしましょう。
  2. あなたが左足を出して、犬がくぐったら、そのまま右足を出しましょう。犬が右足をくぐったら、クリッカーを鳴らしてご褒美をあげます。
  3. 次は右足をくぐることから始めて、続けて左足もくぐってもらったらクリッカーを鳴らしてご褒美をあげる、というように、最初に出す足を変えてみたり、クリッカーを鳴らすタイミングも右足をくぐったときだったり、左足をくぐったときだったりと変化をつけてみましょう。
  4. 左右の足を連続してくぐることができるようになったら、クリッカーを鳴らすまでのくぐる回数を多くしていくといいですね。

ポイント

より早くくぐって遊ぶには

何回も連続してくぐれるようになったら、足を早く出してみましょう。それに合わせて早くくぐることができたときに、クリッカーを鳴らしてご褒美をあげるようにすると、より早くくぐることができるようになります。

また、ときには早く足を出したり、ゆっくり出したり、スピードを変えても楽しいですね。あなたがどんなスピードで足を出そうとも、そのスピードに合わせて、犬もくぐるスピードを変える楽しいゲームになります。


スポンサーリンク

吠え癖のある犬のしつけ方
クリッカーで治す犬の無駄吠え
無駄吠えする犬・ない犬はここが違う!
犬の無駄吠えをつけないしつけ方
犬の無駄吠えを防ぐ法
クリッカーで治す犬の無駄吠え

噛み癖のある犬のしつけ方
あなたにもできる!噛み癖なしの犬に
クリッカーで治す犬の噛み癖
叱ってもやめない犬の噛み癖にはこれが効く!
クリッカーで治す犬の噛み癖
これで犬の噛み癖が治った!

遊ぶだけで無駄吠え・噛み癖ピタリ!
犬遊びしつけ法は子犬にも安心
犬の噛み癖を治す簡単ゲーム
子犬のしつけにピッタリの簡単ゲーム
犬遊びしつけ法は厳しくないしつけ法
犬の噛み癖に効果的な遊び方

芸させるだけで無駄吠え・噛み癖が治った!
【応用】ひざにピョン!ひざに飛び乗る
[犬芸しつけ法]おなか見せることスキになるといいな。だ・か・ら『バーン!』であそんでみました
[犬芸しつけ法]おすわり
【応用】チャイムが鳴ったときに、玄関に走り出さないようにする楽しい工夫
【応用】届かない場所の物が欲しいときに、ひっかいたり吠えたりしないようにしよう

世界一簡単な犬のしつけ法
クリッカーはとっても簡単!
クリッカーよくある質問
クリッカートレーニング法(複数の犬)
クリッカーの鳴らし方
クリッカーこうすればうまくいく!

病気にならない犬はここが違う!
犬の健康法:簡単犬のはみがきテクニック
犬の健康法:顔を触る
犬の健康を守るには?
犬の健康の決め手はこれ!
犬の健康法:おなかを触る

犬の問題行動は必ず治る!
クリッカーで治す犬の無駄吠え
クリッカーで治す犬の噛み癖
クリッカーで教える犬のトイレ
クリッカーで教える犬のトイレ
クリッカーで止める犬の興奮

犬のしつけ百科
[噛み癖]犬が攻撃的です。噛みついてきます。
[噛み癖]突然噛みつくので困ります
[噛み癖]犬が椅子の足をかじって困ります
[無駄吠え]おもちゃは出しっぱなしでいいのですか?
[無駄吠え]外に吠えないようにしつけたい!
[無駄吠え]散歩で人に吠えて困ります
[トイレ]トイレのしつけではごほうびはいつあげればいいの?
[トイレ]どんな材質のトイレを用意するのがいい?
[トイレ]犬のトイレはどんな大きさがいい?
[留守番]留守番中に吠えない方法教えて!
[留守番]留守番中に吠えるのをやめさせたい!
[留守番]留守番中に物をかじるのをやめさせたい!
[飛びつく]お客さんに飛びつかないようにしつけたい!
[飛びつく]人に飛びつくのをやめさせたい!
[飛びつく]犬はどうして飛びつくの?
[不服従]怖がりですぐ唸ります
[不服従]首輪の交換の仕方を教えて!
[不服従]つめきりのやり方教えて!
[遊び方]叱っても人の目を盗んでやるので腹立たしいです
[遊び方]ごほうびがないと言うことを聞きません!
[子犬のしつけ]犬ってどうやってほめればいいの?
[子犬のしつけ]食べる物以外のごほうびがあるって聞いたんだけど・・
[子犬のしつけ]犬のごほうびは決まった場所に置いておくといいって聞いたんだけど・・
[クリッカー]クリッカーがなくてもできるようになりますか?
[クリッカー]クリッカーを使って吠え解消ができるって聞いたんですが・・
[クリッカー]クリッカーがないとやらなくなるって本当ですか?
[トレーニング]ハウスのしつけ方教えて!
[トレーニング]子犬じゃなくても訓練はできますか?
[トレーニング]犬が吠えなくなるトレーニングありますか?

本サイトの最新ニュースをメールで受け取りませんか?

「犬のしつけをまじめに考える!」では、全国各地にいる記者からの犬に関する旬な話題、便利な知識、最新動向などのレポートを日々発信しています。本メールマガジンにご登録いただくと毎日サイトにアクセスしなくても、最新のニュースがチェックできるほか、メール会員様だけの特典も満載です! 登録無料ですのでぜひご利用ください。

 詳しく